アクセスカウンタ

プーさんの愛読書

プロフィール

ブログ名
プーさんの愛読書
ブログ紹介
 ぼくはとっても本が好き。最近読んだ本やとってもおもしろかった本を教えてあげるね。
 もし、同じ本を読んでいたら、きみの感想も聞きたいな。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
変えれば、変わる
変えれば、変わる 変えれば、変わるサンマーク出版 ニール・ドナルド・ウォルシュ ユーザレビュー:視点がせり上がる!自 ...離婚したのか分かりま ...難解だが、本で人生観 ...Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/19 14:00
「サービスを越える瞬間」
「サービスを越える瞬間」 リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間 「サービスを越える瞬間」  2007年4月 かんき出版 高野登(ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長) \1,500    リッツというホテルの名前は、聞いたことはあった。ただ、その程度だった。まあ、自分にはあまり関係がない、高級なホテルぐらいにしか思っていなかった。    それが急に、このホテルのサービスについて知りたくなった。きっかけは、レストラン・カシータのオーナー高橋滋氏のことを知り、そのインタビューの中でリッツの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/27 20:55
「チャンス」
「チャンス」 チャンス―成功者がくれた運命の鍵 「チャンス」  2007年3月 飛鳥新社 犬飼ターボ \1,500    最近、成功哲学関係とか、潜在意識関係の本を何冊か読んだ。そういう方面に関心が向いていたためか、ひょんなことからこの本を知ることになった。    小説仕立てということで、最近はこういうパターンが多いなぁと感じた。ただ、この本を勧める人の熱意が伝わってきたので、買ってみることにしたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/06 21:09
「自分の小さな『箱』から脱出する方法」
「自分の小さな『箱』から脱出する方法」 自分の小さな「箱」から脱出する方法 「自分の小さな『箱』から脱出する方法」  2007年2月 大和書房 アービンジャー・インスティチュート 金森重樹:監修/富永星:訳 \1,680    それほど期待していたわけではないが、何やら評判が高そうなので、読んでみることにしたのだ。物語仕立てになっていることは、事前に知っていた。しかし、読み進むにつれて、これはただものではないという思いが、段々と強くなっていった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/06 20:57
「鏡の法則」
「鏡の法則」 鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール 「鏡の法則」  2007年1月 総合法令 野口嘉則 \1,000    実話をベースにした、わずか60ページほどの物語。本全体でも100ページほどでしかない。それが、多くの人を感動の渦に巻き込んでいるという。帯にも「読んだ人の9割が涙した!」とある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/31 20:40
「人生を変える!『心のブレーキ』の外し方」
「人生を変える!『心のブレーキ』の外し方」 「心のブレーキ」の外し方〜仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー〜 「人生を変える!『心のブレーキ』の外し方」  2007年1月 フォレスト出版 石井裕之 \1,365    潜在意識を活用すれば、もっと大きなことができるし、もっと良い人生が送れるようになる。そんな話は、もう常識と言ってよいかもしれない。それだけ、多くの本で語られているということだ。ポジティブ・シンキングも、同類と言ってよいだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/30 20:07
「積極的考え方の力」
「積極的考え方の力」 積極的考え方の力―ポジティブ思考が人生を変える 「積極的考え方の力」  2007年1月 ダイヤモンド社 ノーマン・V・ピール 桑名一央+市村和夫訳 \1,400  これが50年前に書かれた本とは。そう知らされなければ、気が付かなかっただろう。古典というのは、長い歴史に耐えて残ってきたという力がある。この本も、古典というには新しいが、50年の年月を越えて読み継がれてきた力がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/09 20:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

プーさんの愛読書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる