ツキを呼ぶ「トイレ掃除」

ツキを呼ぶ「トイレ掃除」―宝くじ当選!理想の人と結婚!赤ちゃんができた! 「ツキを呼ぶ『トイレ掃除』」  2006年10月 マキノ出版ムック 小林正観ほか \680  「ツキを呼ぶ『魔法の言葉』」に感動し、母親に紹介したら、今度はこの本を紹介された。  トイレには、「うすさま明王」という神様がおり、トイレを掃…
コメント:0

続きを読むread more

ツキを呼ぶ「魔法の言葉」

ツキを呼ぶ「魔法の言葉」―幸せになる!お金が舞い込む!病気も治ると大評判 「ツキを呼ぶ『魔法の言葉』」    2006年8月 マキノ出版ムック 五日市 剛 \680  人間関係に苦しみ、やることなすことうまく行かない著者が、疲れを癒すための旅に出た。しかし、そこでも不運が著者を襲い、「なんで自分だけ」と嘆いたその時、…
コメント:0

続きを読むread more

「神とひとつになること」

「神とひとつになること」    2001年06月 サンマーク出版 ニール.ドナルド.ウォルシュ(吉田利子訳) \1,800  「神との対話」と出合ってから数年。その内容に驚かされ、また心の琴線に触れる何かを感じていた。続編が出るごとに買い求め、それが単に思いつきで書かれたものではないことを、読みながら感じていた。 …
コメント:0

続きを読むread more

「伝わるのは愛しかないから」

「伝わるのは愛しかないから」        2000年12月 ナチュラルスピリット 日木流奈 \1,600  「神との対話」に始まるニール.ドナルド.ウォルシュの本に、感動していた。「すべては必然。」「すべては一体であり、ひとつである。」そんな「神との対話」で耳にした言葉を、自らの言葉で語っていた日本人がいた。そのこ…
コメント:0

続きを読むread more

「神との友情(上下)」

「神との友情(上下)」        2000年11月 サンマーク出版 ニール.ドナルド.ウォルシュ(吉田利子訳) \1,800  前作「神との対話」で、神のイメージが大きく変わった。ともすれば、わがまま気ままな支配者として、人々は神を恐れた。あるいは、親として子である人間を愛し、導き、しかり、罰する者として、神の…
コメント:0

続きを読むread more

「命の使い方」

「命の使い方」        1999年12月 小学館文庫 落合信彦 \540  落合信彦氏と会ったのは、もう20年前になる。彼をインタビューする友人に同行して、彼を撮影するためだった。ホテルのレストランで、朝食を摂りながらのインタビューだった。  名刺をもらった。そこには、ただ「落合信彦」とだけ書いてあった。連絡先…
コメント:0

続きを読むread more

「教科書が教えない東南アジア タイ・マレーシア・インドネシア編」

「教科書が教えない東南アジア タイ・マレーシア・インドネシア編」    1999年11月 扶桑社 藤岡信勝/自由主義史観研究会 \1,500  あの太平洋戦争。日本が、自らの勢力拡大のために、他国の利権を犯し、多くの人びとの人権をないがしろにしたという。だから、正義の味方の連合国が、悪党の日本を懲らしめ、世界を平和…
コメント:0

続きを読むread more