読んだ本 1998年12月

37 「凡事徹底」
致知出版社
鍵山秀三郎
\971
 著者は、自らトイレ掃除をすることで有名になった、イエローハットの相談役である。
 掃除をしたから会社が儲かったという話しではない。掃除をしてきれいにすることが、心のすさみを取り払い、会社を明るくする。人を幸せにすることが良い会社だという著者の信念なのだ。

38 「少女パレアナ」
角川文庫
エレナ・ポーター(村岡花子 訳)
\480
 孤児となった少女の取り柄は、「何でも喜ぶ」ゲームをすること。この不思議な遊びが町中の人の間に広まり、人びとの荒んだ心が明るくなっていく。
 この本を読めば、あなたも天使のようなパレアナの虜になるでしょう。

39 「パレアナの青春」
角川文庫
エレナ・ポーター(村岡花子 訳)
\500
 無邪気に「何でも喜ぶ」ゲームに興じていたパレアナも、大人になると微妙に変化する。相手の顔色が気になったり、恋をしたり...。
 でも、元気なパレアナは健在。落ち込んでいるあなた、パレアナを一服いかが?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント