アクセスカウンタ

<<  2006年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
ツキを呼ぶ「トイレ掃除」
ツキを呼ぶ「トイレ掃除」 ツキを呼ぶ「トイレ掃除」―宝くじ当選!理想の人と結婚!赤ちゃんができた! 「ツキを呼ぶ『トイレ掃除』」  2006年10月 マキノ出版ムック 小林正観ほか \680  「ツキを呼ぶ『魔法の言葉』」に感動し、母親に紹介したら、今度はこの本を紹介された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/14 20:51
ツキを呼ぶ「魔法の言葉」
ツキを呼ぶ「魔法の言葉」 ツキを呼ぶ「魔法の言葉」―幸せになる!お金が舞い込む!病気も治ると大評判 「ツキを呼ぶ『魔法の言葉』」    2006年8月 マキノ出版ムック 五日市 剛 \680  人間関係に苦しみ、やることなすことうまく行かない著者が、疲れを癒すための旅に出た。しかし、そこでも不運が著者を襲い、「なんで自分だけ」と嘆いたその時、ある老婆と出会った。  温かく迎えてくれた老婆が、最後に著者に話したのが、言うだけでツキが回ってくる言葉についてだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/08 20:37
「神とひとつになること」
「神とひとつになること」 「神とひとつになること」    2001年06月 サンマーク出版 ニール.ドナルド.ウォルシュ(吉田利子訳) \1,800  「神との対話」と出合ってから数年。その内容に驚かされ、また心の琴線に触れる何かを感じていた。続編が出るごとに買い求め、それが単に思いつきで書かれたものではないことを、読みながら感じていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 22:11
「伝わるのは愛しかないから」
「伝わるのは愛しかないから」 「伝わるのは愛しかないから」        2000年12月 ナチュラルスピリット 日木流奈 \1,600  「神との対話」に始まるニール.ドナルド.ウォルシュの本に、感動していた。「すべては必然。」「すべては一体であり、ひとつである。」そんな「神との対話」で耳にした言葉を、自らの言葉で語っていた日本人がいた。そのことに驚かされた。しかも、その人はわずか9歳。しかも、脳障害で体を動かすこともままならない。そんな少年から、こんなに光り輝く言葉が発せられようとは、想像することすら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 22:08
「神との友情(上下)」
「神との友情(上下)」 「神との友情(上下)」        2000年11月 サンマーク出版 ニール.ドナルド.ウォルシュ(吉田利子訳) \1,800  前作「神との対話」で、神のイメージが大きく変わった。ともすれば、わがまま気ままな支配者として、人々は神を恐れた。あるいは、親として子である人間を愛し、導き、しかり、罰する者として、神のことを伝えた。だが、ウォルシュ氏のもとに訪れた神は、親しい友人のようであった。  本書では、神と友情を結ぶ方法が示されている。神とは何か、人間とは何か、私とは何... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 22:05
「命の使い方」
「命の使い方」 「命の使い方」        1999年12月 小学館文庫 落合信彦 \540  落合信彦氏と会ったのは、もう20年前になる。彼をインタビューする友人に同行して、彼を撮影するためだった。ホテルのレストランで、朝食を摂りながらのインタビューだった。  名刺をもらった。そこには、ただ「落合信彦」とだけ書いてあった。連絡先も肩書きもない名刺。1年の3分の1を海外で暮らし、3分の1をホテルで過ごすという彼らしいものだ。男らしい男、そんな感じだった。  身長は、どちらかといえば小柄だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 22:01
「教科書が教えない東南アジア タイ・マレーシア・インドネシア編」
「教科書が教えない東南アジア タイ・マレーシア・インドネシア編」 「教科書が教えない東南アジア タイ・マレーシア・インドネシア編」    1999年11月 扶桑社 藤岡信勝/自由主義史観研究会 \1,500  あの太平洋戦争。日本が、自らの勢力拡大のために、他国の利権を犯し、多くの人びとの人権をないがしろにしたという。だから、正義の味方の連合国が、悪党の日本を懲らしめ、世界を平和に導いた。そんな歴史認識が、日本に蔓延している。  でも、本当にそうなのか。日本は、そんなに悪い国だったのか。我々の先祖は、悪の権化のようなひどい人たちだったの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 22:00
「『夢ノート』のつくりかた」
「『夢ノート』のつくりかた」 「『夢ノート』のつくりかた」    1999年10月 PHP文庫 中山庸子 \495  いつものように掃除をして、洗濯をして、買物をして...。変わり映えのない毎日にうんざりしてしまうことがある。何が不満てわけじゃないけど、何か物足りない。本当の自分はこんなんじゃない。もっと素敵な生き方があるはずだ。輝いて生きたいのに...。  でも、何をしていいかわからない。何が自分に向いているんだろう。自分は何をやりたいんだろう。自分の夢って何かなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 21:55
「人は何によって輝くのか」
「人は何によって輝くのか」 「人は何によって輝くのか」    1999年9月 PHP研究所 神渡良平 \1,500  「私の天命は何か」と考えることがある。そこまで思わないにしても、次のような問いを、自分自身に発する人は多いだろう。  「自分は何に向いているだろうか。」  「自分の個性は何だろうか。」  「どんな生き方をすれば、自分らしく有意義な人生になるだろうか。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 21:53
「死刑執行人の苦悩」
「死刑執行人の苦悩」 「死刑執行人の苦悩」    1999年8月 角川文庫 大塚公子 \420  いまだに、凶悪犯罪のニュースがなくなることはない。犯罪を犯せば処罰されるわけだが、日本では極刑として死刑を行っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 21:50
「創造論の世界」
「創造論の世界」 「創造論の世界」    1999年6月 徳間書店 久保有政 \1,700  進化論という考え方がある。単純な生物が、気の遠くなるような年月を経て、高度な人類にまで進化したというものだ。人類の誕生からでも数万年、地球の誕生からは45億年がたっている。進化するのに十分な年月が流れたというわけだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 21:31
「神との対話B」
「神との対話B」 「神との対話B」    1999年5月 サンマーク出版 ニール.ドナルド.ウォルシュ(吉田利子 訳) \2,000  どれだけ、この本が出版されるのを待っただろう。待望の3巻目だ。1巻目の「神との対話」を読んだ時は、しびれるような衝撃を覚えた。「神との対話A」でも、期待に違わぬ感動があった。そして...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 21:28
「1分間モチベーション」
「1分間モチベーション」 「1分間モチベーション」    1999年4月 PHP研究所 オグ・マンディーノ(菅晴彦 訳) \1,350  世の中に、つまらない仕事はない。つまらないと思う人がいるだけだ。正しく見てみよう。はっきりと見てみよう。そうすれば、全ての仕事が世の中の人のためになる、重要な仕事であることがわかる。目標を持って、重要な仕事に取組もう。これが「リスの精神」。  やる気のある職場では、それぞれが自分でやることを決め、自分のペースで仕事を進める。しかし、自分勝手ではない。他の人の能力を考慮... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 21:25
「この世で一番の奇跡」
「この世で一番の奇跡」 「この世で一番の奇跡」    1999年4月 PHP研究所 オグ・マンディーノ(菅晴彦 訳) \1,350  ラグピッカーという人々がいる。街角やゴミ溜から、ぼろ布や不用品をあさる人のことだ。だが、そういう物ではなく、人を探すラグピッカーがいる。他人からだけでなく、自分自身からさえも見捨てられ、廃品となってしまった人。そういう人を探し、再生するラグピッカーが。  本書は、著者自身が登場人物となり、ラグピッカーとの出会いから、人生に奇跡を起こす「覚え書き」を手に入れるまでの物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 21:08
「おじいちゃん戦争のことを教えて」
「おじいちゃん戦争のことを教えて」 「おじいちゃん戦争のことを教えて」    1999年2月 致知出版社 中條高徳 \1,400  著者の孫娘は18歳。父親の転勤で、家族でニューヨークに移り住むことになった。アメリカ史の授業で、戦争体験をした人の話しを聞くことになった。そこで、陸軍士官学校を出ている祖父、つまり著者に、質問をしたのだ。  本書は、孫娘からの質問に答えたものを、1冊にまとめたものだ。最後に、著者の答えをもらった孫娘の感想や、授業での反響なども載っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 21:05
「少女パレアナ」
「少女パレアナ」 「少女パレアナ」    1998年12月 角川文庫 エレナ・ポーター(村岡花子 訳) \480  「何でも喜ぶ」ゲームのことは、何かの本で知っていた。それが、この前読んだ本「凡事徹底」の中にも出てきたので驚いた。そして、その出典がこの本であることを知った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 20:51
「凡事徹底」
「凡事徹底」 「凡事徹底」    1998年12月 致知出版社 鍵山秀三郎 \971  良い会社というのはどんな会社のことをいうのだろうか。資本金のいっぱいある会社だろうか。利益をいっぱい上げる会社だろうか。著者は、そのいずれでもないという。売上や利益などを第一にすると、どうしても無理な売り方になる。無理な売り方とはお客様や取引相手に不合理を押し付けることになるから、心がすさむ。社員の心がすさむ会社は、けして良い会社ではない。  むしろ、回りの不合理を受け入れ、それを合理的に変えていけば、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 20:50

<<  2006年12月のブログ記事  >> 

トップへ

プーさんの愛読書 2006年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる